ミニ四駆日記

ミニ四駆の塗装が剥がれたので”汚し塗装”でリアル感を演出!

GSIクレオス Mr.ウェザリングライナー 泥色セット

月1,500円で作成したスピンコブラなんですが、走らせているうちに塗装が少しずつ剥げてしまいました。

月1500円ミニ四駆 5ヶ月目のパーツを装着

指定色のタミヤスプレーで塗っただけですが、かなり良い感じに塗料がのってくれたんです。

しかし、走らせてるうちにこのとおり。

走らせて塗装が剥げたスピンコブラ

小さくて分かりにくいですが、ブルーが剥げて下地の白サフが見えてしまっています。

塗装し直しは面倒ですし、走らせていれば絶対に起こることなので、あえてこの塗装剥げを活かす方向にしてみました。

Mr.ウェザリングライナーで汚れ塗装

GSIクレオス Mr.ウェザリングライナー 泥色セット

使用したのは「GSIクレオス Mr.ウェザリングライナー 泥色セット」

泥や土で汚れた感じを再現できます。色鉛筆のようになっているので手軽に使えるのもポイント。

汚し塗装をしたスピンコブラ

剥げたウイングを汚し塗装。軽く塗ってから余分な分を拭き取るだけ。リアリティもあって良い感じに。

汚し塗装をしたスピンコブラ

フロント部も剥げていました。コースアウトするので剥げも大きめだったので大胆に汚し塗装。泥が飛び散った感が出ていますね。

汚し塗装を簡単に楽しめる

走らせるミニ四駆に塗装ハゲはつきもの。塗装し直しもいいですがあえて活かすのもおすすめです。